天狗様の知恵袋.info

アルギニンの効果まとめ!即効性はあるのか?

      2015/04/13

スポンサードリンク

kusuri

さまざまな効果があるというアルギニンですが、

具体的にどのように、そしてどんな風に効くのでしょうか?

アルギニンの効果まとめ!即効性はあるのか?という事を調べてみます。

 

アルギニンとは何か?

アルギニンは成長ホルモンに作用して分泌を促したり、

筋肉を補強したり、免疫力を向上させたりします。

アルギニンは大人は自分の体内で作り出す事が出来ますが、

子どもの時は自分では作り出せず食物から摂取する事になります。

その為、子どもの時は必須アミノ酸、大人になってからは

非必須アミノ酸と必要度が変化するアミノ酸です。

 

成長に直接関係する成分なので、

子どもの時にはきちんと摂取をしなければなりませんが、

大人になってからも体内生成分では十分ではなく、

やはりある程度は食料として摂った方が良いと言われています。

アルギニンが含まれている食物は、

鶏肉や高野豆腐、大豆、ゼラチン、湯葉、かつお節などです。

過剰摂取をすると下痢を起こしたりします。

 

足りない場合は未成年の場合は成長阻害、

大人だと動脈硬化を引き起こす場合もあると言われています。

摂取の時にはお酢やアセロラなどに含まれるクエン酸や、

レバーや魚に含まれるビタミンB6を一緒に摂取すると良いという事です。

スポンサードリンク

アルギニンの効果

【血管の老化防止】

血管を柔らかく、拡張する働きがあり、その為血管の老化防止に効果的と言われています。

その効果から肥満や、心臓病、動脈硬化などの予防に役立つとも言われているのです。

 

【疲労回復】

アンモニアを解毒する効果があり、筋肉を補強するアルギニンは、疲労回復にも効果的です。

筋肉は運動時に大量のアンモニアを発生させますが、それらを解毒するのは普通肝臓です。

しかしアルギニンが解毒を手伝うため、肝臓の疲弊が抑えられるのです。

 

【保湿効果】

アルギニンにはお肌を保湿する効果があると言われています。

アルギニンは角質層を保湿する事の出来るのでスキンケアに効果があります。

スキンケアに関しては他にも大きな働きがあります。

 

【肌の再生】

アルギニンは成長ホルモンの生成を促すので肌の生まれ変わりが促進されます。

更にコラーゲンの生成にも関与しているとされていて、

この2つの効果により、シワやシミなどを取り除き、

ハリのある肌を再生させる効果があるのです。

 

【免疫細胞を活性化させる】

体を病原菌やウイルスから守る働きをする

マクロファージという免疫細胞を活性化する効果があります。

更にアルギニンは体組織の再生などに力を発揮する

ポリアミンを合成する事で、傷や病気の治療にも効果があります。

 

つまり怪我や病気に対する抵抗力の底上げをしてくれるのです。

このため、手術などで一時的に免疫機能が落ちている時に

アルギニンを投与する事もあるようです。

アルギニンに即効性はあるのでしょうか?

アルギニン自体には即効性はありません。

普通の食物中の栄養素と同じで体に吸収されて

分解経てその働きによって効果を出すのですが、

アルギニン自体は成長ホルモンや肝臓などに働きかけるだけで、

急激に効くといった成分ではないのです。

 

但し、血行を促す効果から、サプリとして他の何かの成分を共に摂取した場合、

その成分の効果を早く発揮する力はあると思えます。

つまり効果を早く出したい薬剤と一緒に服用する事で

効果を促進する働きは期待出来ると思われます。

アルギニン自体の作用は即効性ではありませんが、

薬剤の効果を促すという意味では即効性があるでしょう。

 

アルギニンを摂取する事

アルギニンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種であり、

食事と共にある程度毎日摂取する栄養素とも言えます。

成長ホルモンの活動を活発にして、血管を拡張するという作用から、

肉体の再生に大きな力を持つ物質といえるでしょう。

 

また、肝臓のサポート、筋肉の増強と、

まるで肉体が健全にある溜めのサポート要員のようです。

その為、サプリなどの成分として含まれている事も多く、

摂取限界はかなりの量となるので、

あまり限界を問題視する必要もありません。

 

アリギニン単発だけ摂取する場合、

大きな効果を感じる事は無いと思われますが、

継続摂取する事で、体の機能を改善していく働きが期待出来ます。

 

特に自力でアルギニンを生成出来ない子ども時代には

食品として摂取するしかないので、

特に成長期には多く摂取する必要があると思われます。

 

ただ、あまり成長期に多く摂取しすぎると

成長過多の症状が出る可能性があるので、

サプリなどで無理に摂取するのは避けた方が良いでしょう。

あくまでも食品として摂取する事が良いと思われます。

 

成人後にはそのような問題も起きにくいので、

ある程度はサプリで補う事も害になる事は無いと思われます。

ただ、成人後は体内生成を行っているので、

成長ホルモンの活動が衰える頃以降以外には

そこまで多量に摂取する必要はないでしょう。

 

新陳代謝が衰えた時期にはある程度多めに摂取すると

身体機能の向上が期待出来るのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , , ,

  関連記事

サウナの効果はニキビ防止!入る頻度はどれくらいがベスト?

サウナでたっぷり汗をかくことが体にいいことは知られていますが、 ニキビの防止にも …

PTA会長ってどんな仕事をする?決め方はやはり立候補が良い?

子どもたちの学校生活を家族側から支えるのがPTAです。 しかしPTAはボランティ …

体内時計をリセットする方法!徹夜・夜勤の方必見!

忙しい現代に生きる私たちは、どうしても生活習慣が乱れがち。 徹夜、夜勤、スマート …

メンズ力を上げる眉毛の整え方!もう麻呂とは言わせない!

女性が男性に求めるイケメンの条件は、清潔感です。 頭髪や鼻毛だけに限らず、最近は …

社会人が1年間留学する時の費用ってどれくらい?国による?

語学留学をするにあたって、やはり気になるのは費用です。 留学費用が安くて、質の高 …

岩盤浴の入り方って?服装はパンツ?入るまでの流れは?

ダイエットやデトックス効果だけでなく、 神経痛や不眠症、冷え性の改善にも効果があ …

胃腸炎の潜伏期間はいつからいつまで?症状は腹痛と下痢!

様々な原因で起こる胃腸炎ですが、 その中でも感染性胃腸炎は恐ろしい症状を引き起こ …

新社会人の男性から喜ばれるプレゼントランキングTOP10!

新社会人の男性から喜ばれるプレゼントについて、 様々なサイトから、TOP10!を …

納豆の栄養成分・効果って?カロリーは大体どれくらい?

納豆って体に良いとかダイエットに良いとか言いますよね。 その納豆の栄養成分・効果 …

妊婦が風邪で咳が止まらない!早く治す薬・対策をご紹介!

妊娠中の風邪はとても気を使います。 さらに咳が出るとお腹にも響いて、 「赤ちゃん …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です