天狗様の知恵袋.info

アスパラはベランダ・プランターで栽培できる?手間は?

   

スポンサードリンク

asupara

アスパラガスは、一度植えてしまえば手間もかからず、

10年近く毎年収穫できます。

春が来たことを告げる野菜として有名ですが、

自分で育てるとさらに春の到来にワクワク感が生まれます。

 

採れたてのアスパラは、甘みがあり、筋っぽさがなく、

お店で買うのとはまったく違った味わいを楽しめます。

これが自分でアスパラを育てる一番の楽しみです。

 

さらにアスパラは春だけでなく、

夏にも見て楽しむことができます。

そんなアスパラをマンションのベランダやプランターで、

育てることができきるのでしょうか?調べてみました。

アスパラはベランダやプランターで育てられるの?

できます。

アスパラは意外に手間がかからず、簡単で、長く収穫が楽しめます。

ただ、ベランダやプランターで育てるには、

3つ覚えておいてほしいことがあります。

  • プランターは深いものを選ぶ
  • 1つのプランターで、1株か2株育てる
  • 支えを作る(倒伏の防止)

この3つです。

 

プランターは深いものを選ぶ

puranta

アスパラは、見た目からは分かりにくいですが、

根が長く生長する植物です。

本来地植えが適した植物なのです。

ですから、プランターもできるだけ深いものを選ぶことが大切です。

プランターの選択を間違わなければ、

アスパラは長く収穫を楽しむことができます。

1つのプランターで1株か2株育てる

アスパラは、まず根が長く生長します。

そして、高さが1mから1.5mの高さにもなります。

さらに、葉が1m弱にまで広がります。

 

ですから、1つのプランターにぎゅうぎゅう詰めに植えると、

成長できなくなってしまうのです。

特にアスパラは、夏の光合成が次の年の収穫の決め手になります。

光合成が不十分ですと、十分な養分を根に送ることができず、

アスパラの成長が阻害されてしまいます。

 

プランターでアスパラを育てるときは、

1つのプランターに1株か2株。

こんなに少なくていいの?というくらいが適当なのです。

支えを作る

SANYO DIGITAL CAMERA

プランターでアスパラを育てるとき、

地植えに比べ根の深さが浅くなりがちです。

ですから、倒伏防止のために支えを作るほうがいいでしょう。

 

地植えですと深く根を張ることができるので、

そのままでも十分育ってくれます。

 

プランターの場合、

風が強かったりするとすぐに倒伏してしまいます。

ここは十分に気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

1年目から収穫するには?

植えたなら、早く収穫したいと思いますね。

そんなあなたに1年目からアスパラを収穫できる

簡単な方法をお伝えします。

苗から育てる

a

アスパラは種から育てることもできます。

ですが、種からですと収穫できるまでに、

温暖な所で2年、寒冷地ですと3年はかかってしまいます。

 

さらに、アスパラは種の発芽が面倒で、

その上、間引きや植え替えなどの手間もかかってしまいます。

 

そんな手間も含めてアスパラを楽しみたい方は、

種から育てるのもより楽しみが多くて良いと思います。

でも、せっかくだから1年目から収穫したいとお考えであれば、

苗の購入をおすすめします。

 

苗から育てる方法ですと、発芽や間引き、

植え替えなどの手間もなく、翌春には収穫が楽しめます。

 

アスパラを育てる手間は?

一度植えてしまえば、ほとんど手間はかかりません。

水やり以外には日々の手入れは必要ありません。

ただ、長く収穫を楽しむには、

  • 春前の土の交換
  • 冬枯れの処置
  • 害虫対策

この3つが大切です。

春前の土の交換

tuti

土の交換と聞くと大変な作業と思ってしまいますね。

でも、土の表面を取り除いて、

そこに新しい培養土を加えるだけで十分です。

 

土の表面は、1年経つと微細化して水はけが悪くなります。

ですから、土の表面だけの交換で十分なのです。

ただ、5年に一度はプランターの交換とともに、

培養度全体を交換してあげる(植え替え)ことが必要です。

 

一度植え替えをしてしまえば、

その後は土の表面の交換のみで十分です。

 

冬枯れの処置

アスパラは冬になると枯れてしまいます。

枯れたまま放置していると細菌などによって、

病気になってしまうことがあります。

 

ですから、冬枯れして、黄色くなったら、

土の根元から切り落とします。

こうして冬を越せば、

春にはまたアスパラを収穫することができます。

 

害虫対策

gaichuu

実はアスパラは、大変害虫には強い植物です。

ですから、農薬や防虫ネットも必要ありません。

防虫ネットは張ったり、取り外したりと面倒が多い作業です。

こんな作業が必要ないのでアスパラの栽培は楽なのです。

 

また、農薬を使わないので、食べるときにも心配がありません。

さっとお水で洗って土を落とし、

収穫したてをそのまま味わうことができます。

春の到来を告げるアスパラ。

 

ベランダやプランターで簡単に栽培することができます。

害虫にも強いので、普段の手間も水をあげるだけです。

さらに、苗から育てることで翌春には収穫を楽しむことができます。

アスパラには収穫以外に夏の楽しみがあります。

 

それは大きく育つ葉っぱです。

1つの苗から幅1mくらいまで葉が広がりますから、

とてもきれいな緑を楽しむことができます。

風にそよぐ葉は、とても涼しげです。

スポンサードリンク

 - , , ,

  関連記事

no image
三春滝桜の2015の開花予想時期はいつ?アクセス状況は?

今年は桜の開花はいつになるんでしょうか?しらべてみましょう。 来年は暖冬で冷夏と …

山高神代桜のアクセス状況は?2015年の開花情報!

山高神代桜はどうやっいくの?どんなところ? 今年も冬がやってきましたね。その後は …

醍醐寺の桜2015年の開花予想は?時期はいつごろ?

京都の醍醐寺の桜!2015年、来年の開花予測をしてみました。 毎年冬になると気な …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です