天狗様の知恵袋.info

1月のビジネス時候の挨拶の例文はコレ!

   

スポンサードリンク

1月のビジネスの時候の挨拶とは?

1月の時候の挨拶です。1月はむつきと言いますね。

まあそれは使いませんが、1月は上旬中旬下旬に分けて考えてみましょう。

1月は新年を迎えて新たなる1年を始めようという時期です。

bijinesuaisatu

あけましておめでとうございますという挨拶は必ずしますよね。

ビジネスでもそうだと思います。「今年もよろしくお願いします」という事言うと思います。

「今年も重ね重ねよろしくお願いします。」ということは必ず言っておいたほうがいいと思います。

それも丁寧に言いましょう。

 

1月は小寒である1月5日~6日頃と大寒である

1月20日~1月21日頃に使う言葉には気をつけましょう。

特別な意味があるので気をつけたほうがいいという意味です。

新年の挨拶は正月から7日前後にしたほうが無難だと思います。

 

正月の挨拶というのは本当に1年の初めで大切なものですから重要視してください。

例えばどんな言葉を言えばいいかというと、

「新年の挨拶では今年もよろしくお願いします。」のようなこと言っておけばいいと思います。

ですがビジネスですから、丁寧な言葉を使わなければいけません。

 

そして相手の気持ちを悪くしないようなことを使わなければいけません。

そうやって考えると難しいですか?

全然難しくないですよ。なので例文を紹介したいと思います。

こちらの例文も自分なりにアレンジしてみてください。

それではどのようなものがあるか見てみましょう。沢山あると思いますよ。

1月のビジネスの時候の挨拶の例文はこちら!

まず1月の時候の挨拶としての例文です。

「極寒の候ではございますが、ますますの繁栄のことをお喜び申し上げます。」

などという尊敬するような喜ばれるようなことを言うといいと思います。

それとか、「例年にない寒さでございます」

というような季節感を与えること心がけてください。

やはり季節感というのは大事です。

 

相手の繁栄の事を得ることがとても大事だと思います。

例えば、「ますますの御健勝のこととか」を入れるといいですね。

それ以外にも「ありがとうございます」と「今年もよろしくお願いします。」

 

という感想にも「心を込めてお喜び申し上げます」という言葉も使ったほうがいいと思います。

これは1月上旬中旬下旬いつでも使えます。

 

では1月上旬のみにしか使えないことは何でしょうかというと、

「新春の候とか言う年が明けましたね」というような言葉を使うことですね。

「皆様いよいよお元気でお過ごしのこと。」お喜び申し上げます。

などというふうにとにかく丁寧に言ってください。

 

平素は感謝申し上げますというお礼の言葉も添えましょう。

あとは1月下旬のみにしか使えない言葉もあります。

それは「大寒飲み切りますます御発展のこと。」などという言葉ですね。

 

このような言葉も使ったほうがいいと思います。

日にちによって合わせてみてください。

無難なのは1月上旬中旬下旬いつでも使える言葉だと思います。

自分なりに考えて使ってみてください。

スポンサードリンク

 - , , ,

  関連記事

子供が安全に雪遊びするための靴・ウェア・手袋ご紹介!

「雪遊び・・・スキーに行こう!」 雪遊びを本格的に遊びたいならスキー場が一番いい …

12月のビジネス時候の挨拶の例文はコレ!

12月のビジネスの時候の挨拶とは? 12月とはクリスマスの季節ですね。皆さんもク …

雪おろしで一番使える道具はどれ?アメリカ製が一番か?

雪が降る季節、大量に雪が降る地域では雪おろしが欠かせない 冬になると寒いところで …

Comment

  1. Stormy より:

    Now that’s suetbl! Great to hear from you.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です